中澤功八

中澤功八
・筋肉の繊維に沿って、リンパを流すことができる、最適なローラーの大きさと構造である。
・外側上踝炎(テニス肘)、内側上踝炎(野球肘)などの筋肉痛を、最適な大きさのローラーの球面で柔らかい圧がかけられ、ケアすることができる。
・パソコン作業などで起こる肩凝りの改善として、最適な大きさのローラーで筋肉を挟み込み、乳酸(疲労物質)の絞り出すことができる。

柔道整復師
公益社団法人 千葉県柔道整復師会 会員
KMS整体サロン 代表
稔台整骨院 院長